野菜不足解消は青汁で

青汁はいまだに飲んだことがありません。一回はトライしてみたいですが。
僕の青汁のイメージはテレビ番組の罰ゲームで、まずいと言いながら飲んでいるイメージですが、今は飲みやすくなっているようです。当初はケールが原材料が多かったようですが、大麦若葉とかいろんな材料が使われているようです。
粉末タイプや冷凍タイプ等がありますね。


ケールは大麦若葉よりビタミンCやミネラル、カロチノイドの含有料は多いです。粉末タイプは離乳食にも利用できます。不足がちな緑黄野菜を手軽に摂れる青汁はとても重宝します。
ファンケルの青汁は国内ケールを100%使用しています。ファンケルは契約農家と中島農法というミネラルが豊富な土壌作りをしています。ファンケルは徹底的に製造管理に拘っています。
中島農法でえぐみや苦みが少なく飲みやすくできています。


青汁販売30年のキューサイの粉末青汁です。ケールの青汁では売り上げ第一位です
化学肥料0の土壌で栽培されています。水やりや虫取りは手作業で行っています。スプーン2杯(14g)で200gの生野菜相当分が摂れます。
ケールはメラニンの生成を抑えるので、美白効果が期待できます。ケールから摂れるカルシウムは吸収力がいいので、育ち盛りのお子様や、高齢者の骨そしょう症対策にもってこいです。


やずやの青汁は六条大麦若葉を使用しています。やずやの青汁は、粉末は水や牛乳に溶けやすいです。熱いお湯はビタミンCが損なわれるので、ぬるま湯か水に溶かしましょう。
やずやの青汁は1億杯を突破しています。朝摘みした若葉をその日のうちに絞るから、クセのないおいしさです。大きめの粒子なので水に溶けやすいです。


ポリフェノールのケルセチンを配合して、野菜を吸収しやすくしているサントリーの極の青汁です。主成分は大麦若葉と、長寿荘と呼ばれる明日葉です。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富です。抹茶とせん茶のブレンドでおいしいです。
テレビのCMでも有名なアサヒ緑健の緑効青汁です。大麦若葉が主原料です。乳酸菌やオリゴ糖配合だから、腸内環境の改善が期待できます。厳しい基準をクリアして、有機JAS認定を得ています。ビタミン・アミノ酸・ミネラルが豊富に含まれています。抹茶をブレンドして飲みやすいです。1回ずつアルミパック分包だから便利です。料理やデザートにも使いやすいです。畑の近くに加工工場があるので、鮮度が損なわれません。工場はクリーンルーム内でオートメーション化しています。